【人気の買取専門業者を徹底比較!】中国切手の買取査定をしたいならおすすめ!口コミでも評判の中国切手買取専門店をランキングでご紹介!

中国切手はなぜ高い?よくある買取人気の疑問

公開日:2020/03/01  最終更新日:2020/09/11

切手にはさまざまな種類があり、趣味として集めているという人もいるかもしれません。実は切手の中には買取に出すとかなり高額になるものがあります。とくに中国切手は高額で買い取ってもらえることが多いですが、なぜ高額になるのか疑問に感じている人もいるでしょう。また、実際にどのくらいの価格で買い取ってもらえるのかをお話しします。

中国切手が高額買取される疑問に答える

中国切手とは中国で発行された切手のことをいいます。もちろん中国で日常的に使われるものなどもありますが、基本的にはコレクションとして価値のある切手のこと指すことが多いです。なぜ多くの中国切手の価値が高くなるのか疑問に感じたことのある人も多いでしょう。

まずは文化大革命により、中国ではコレクションとして切手を保有することが禁止されたためです。そして、それより前に発行された切手のほとんどはどこかに行ってしまったといわれています。また、中国の富裕層が大量の中国切手を購入しており、一般人が購入するのが難しくなっていることも理由として挙げられます。

切手は金券ショップやオークションサイトなどで売却することもできます。しかし、価値の高い中国切手を売却する際には注意が必要です。切手の希少性や保存状態などをきちんと見極め、適正な価格で買い取ってくれるところを見つけましょう。

金券ショップでは切手の額面を基準に買取価格を算出しており、適正な価格で買い取ってもらえないことが多いです。オークションサイトなら中国切手でも出品できますが、本来の価値を把握していないと損をしてしまうことも考えられます。そこで切手専門の買取業者に依頼するのがおすすめです。

とくに高額で買い取ってもらえる切手

中国切手にはいろいろな種類がありますし、どの切手も価値が高くなっています。しかし、その中でもとくに日本で人気の高い切手をチェックしておきましょう。

まずは1980年に発行された赤猿切手というものがあります。精密で美しい猿のイラストが特徴的であり、中国国内だけでなく世界中で評価されています。赤猿切手の相場は非常に高く、バラでも十数万円といった価格になることがあります。80枚の切手シートで保存状態もよい場合、数百万円になるでしょう。毛沢東切手も人気が高くなっています。こちらは保存状態が良ければ数十万円程度で買い取ってもらえます。

水墨画で大きくパンダが描かれた大パンダ切手も人気が高いです。1963年に第1次、1973年に第2次切手が発行されています。こちらはパンダの図柄が愛らしく、普段あまり切手に興味がない人にも人気となっています。第1次切手は第2次に比べて流通量が少ないため、高額で取引されることが多いです。数万円の値段がつくこともあります。

中国切手を高く買い取ってもらうポイント

中国切手をできるだけ高額で買取してもらいたいという場合、いくつかのポイントがあります。まずは出張買取サービスを利用するというものです。以前は切手の買取なら専門の業者を利用すべきという考え方が一般的でした。しかし、切手を専門としている業者は数が少ないですし、なかなか探すことができないでしょう。

出張買取サービスなら実店舗が家の近くになくても問題ありません。査定員が自宅まで来て査定や買取をしてくれるため、気軽に切手を売ることができるでしょう。

中国切手の買取では切手の保存状態も重要なポイントとなります。切手は日光や湿気によってもダメージを受けてしまいますし、気を付けて扱っていても完全に劣化を避けることはできません。そこで売ると決めた中国切手がある場合、劣化してしまう前に早めに売ってしまうのがおすすめです。切

手に破れや図柄の破損などがあった場合、修復しようとする人もいるかもしれません。しかし、素人が修復しようとすると逆に見た目が悪くなってしまうこともあるため、まずはそのままの状態で査定に出してみましょう。

 

最近では中国切手の人気が高まってきています。もちろん中国の切手ならどれでもよいというわけではありませんし、とくに高額で買取される種類というものがあります。不要な切手がある場合、専門の業者に相談してみましょう。

サイト内検索
中国切手買取業者ランキング!
第2位 福ちゃん
福ちゃんの画像
第3位 金のアヒル
金のアヒルの画像
第5位 なんぼや
なんぼやの画像
記事一覧