【人気の買取専門業者を徹底比較!】中国切手の買取査定をしたいならおすすめ!口コミでも評判の中国切手買取専門店をランキングでご紹介!

中国切手とは何?

中国切手とは何?

 

世界の国にはそれぞれで郵便制度があり、郵便物を送る時には切手を貼る仕組みを導入しています。
中国でも切手を貼って郵便物を送る仕組みになっているので、多くの切手が発行されています。
古いものはコレクターにも人気があります。

 

中国で発行されていた切手に価値がある

日本で郵便切手として使えるのは、日本で発行されている切手のみになります。
もちろん国際郵便などで外国から日本に送られてくる郵便には送信元の国の切手が貼られていますが、それは問題ありません。
日本から海外に送るときなどは、現地の国の切手を貼るのではなく日本の切手を貼る必要があります。
つまり日本では海外の切手を使うことはできません。
しかし切手は古くからコレクターが多く、日本だけでなく世界中にいるとされています。
中国も例外ではなく、中国切手とは中国で発行された切手を差します。
そのために日本では公に販売されたりするケースはありません。
ただコレクター同士のやり取りや、業者を通じたやり取りなどが行えます。
又、中国に知人などがいれば中国から郵便物を受け取ればそちらに切手が貼られているでしょう。
最近のものだと使用済みはあまり価値がないかもしれませんが、古いものであれば使用済みでもそれなりの価値がある可能性があります。
タイプとしては日本の切手とよく似ていて、小さい四角形のものが多くなります。

 

市場は安定していて大きな変動が少ない

商品には価格が付けられ、需要と供給のバランスなどから適正な価格が付けられます。
需要と供給のバランスがちょうどいい時、価格は安定した状態がキープされますが、需要が多くなって供給が減れば価格が高くなります。
逆に供給過剰な状態になれば価格が下がります。
それぞれの商品によって価格が安定しているものもあれば変動が激しいものもあります。
中国切手とは、市場が安定しているコレクション品の一と言えるでしょう。
日本で流通しているのは主にコレクターに人気のあるものになるでしょう。
日本から郵便物を発送する時には使えません。
使用目的で保有する人はかなり少ないと言えます。
価格が安定しているのは、それだけ価値が保証されていることを意味します。
人気が一時的なものだと、ある時には高騰するがその後急落する可能性があります。
常にほしい人がいると一時的な人気ではなく常にそれなりに人気があります。
一部の切手で多少変動はあるでしょうが、全体的に見て大きく変わるわけではありません。
コレクションとしての保有も資産としての保有もできます。

 

中国の近代の歴史や文化を見るのにいい資料

中国は世界でもっとも人口の多い国です。
広い敷地に多くの民族が暮らしていて、歴史においてもいろいろな経緯を経て今に至っています。
第二次世界大戦後は戦勝国、共産主義国としての道を進んでいますが、最近では経済的な力や政治的な力も強くなってきています。
今の中国を作り出したのは何なのかを見ると、いろいろな歴史的な出来事が挙げられます。
それをよく知ることができる資料として中国切手があります。
切手の目的は郵便物を送るためになりますが、それ以外にはいろいろなことを記念して発行されます。
歴史的なことが行われたらそれを記念して発行されますし、指導者の行動を記念して発行するときもあります。
書物などで歴史や中国のことを知ることができますが、これまで発行された切手を見るだけでもいろいろなことを知ることができます。
特に人気があるのが1960年代以降とされ、中国においては大きな変化があった時代の切手になります。
切手には歴史的な事実をモチーフにしたものもあれば、その当時の人民生活の様子を知らせるものでもあります。

〇まとめ
中国で発行された比較的古めの切手が人気で、業者などで買取や販売をしています。
世界的にも欲しい人がそれなりにいるので、価値が大きく変動したりしません
切手を見ることによって歴史や生活の様子などもわかります。

サイト内検索
中国切手買取業者ランキング!
第2位 福ちゃん
第3位 金のアヒル
第5位 なんぼや
記事一覧