【人気の買取専門業者を徹底比較!】中国切手の買取査定をしたいならおすすめ!口コミでも評判の中国切手買取専門店をランキングでご紹介!

中国切手は偽物を見極めて買取ってもらおう

 

どんなモノでもコレクターが増えれば偽物が市場に出回ります。中国切手も例外ではありません。さらに時代によって印刷の技術が違います。
しかも、最近ではどんな時代のモノでも完璧にコピーする技術もあるので見極めをできる業者に買い取りをしてもらいたいです。

 

 

高額で取引されている切手はどんなモノ

プレミアで取引している切手の中には「赤猿」があります。一般的に1枚でも数万円から数十万にもなります。だからこそ、余計に悪質なコピー品が出回り、見極めができないとそのまま、言い値で買い取ってしまうわけです。勿論、コピー品は見る人がみればすぐ分かります。しかし、見極めはなかなか難しく素人では本物か否かという判断がつきません。

ただ、「赤猿」は「持っているだけで幸運を招く」と言われています。そのせいか、コピー品でも持つ価値があります。その結果、コピー品があちこちに出回っているわけです。しかも、レプリカといっても販売価値があります。レプリカの場合は最初から本物ではないと前置きがしてあります。なので、本物は購入できなくてもレプリカなら欲しいという人に人気があります。

ちなみに高額で取引されている切手は「赤猿」以外もあります。例えば「毛沢東主席」や「パンダ」などといった切手も人気です。

 

本物を購入したいなら見極めができないと困る

好んで偽物を購入する人はいません。だけど、見極めには相当な知識が必要です。知識があれば細かい部分での見極めが可能になります。ちなみに素人でも一番わかりやすいポイントがあります。ポイントを抑えておけばコピー品をつかまされることはなくなります。

それは目打ちのかけ方です。実際、コピー品の場合は目打ちがしっかりかけられています。本物はその逆に目打ちはまだらでそれぞれの長さが違っているので分かりやすいです。例えば、「赤猿」の場合なら絵の手と顔には金粉がついています。ただし、劣化しているので大抵の場合、金粉が落ちてしまいます。しかも、本物をコピー印刷しているので分かりやすく、手や顔の色に違いがあります。

とはいえ、コピー品といっても中国のモノは繊細に出来ています。なので、本物と間違って購入してしまうことが多いです。本物として購入した場合、とても高額になります。だけど、売却しようとしても何の価値もないので売却することができません。つまり、損をします。損をしないためにもきちんとしたところで購入すべきです。きちんとした業者なら鑑定などの保証を付けてもらうことも可能です。

 

コピー品が多量に出回っている理由を考える

中国切手は一時期、ブームになりました。その結果、沢山のコピー品が出回るようになりました。使用法としては「観賞用、コレクト用、転売用、投資用」といったところでしょう。ただ、観賞用、コレクト用ならいざ知らず転売用、投資用なら本物でないと困ります。しかし、高額で取引されているモノほどコピー品が沢山出回っています。

さらに悪徳業者に引っかかると偽物をつかまされてしまう危険があります。ネットオークションは安価で購入するため利用者が増えています。しかも、ネットオークションでは現物を確認することができにくいです。その結果、コピー品をつかんでしまう可能性があります。しっかりとした知識を持って本物か否かの確認を自分で行い入札すべきです。

そこで中国切手の購入を考えている場合、ある程度は疑ってから購入したほうがいいでしょう。

 

誰もが本物が欲しいはずです。ただし、きちんと知識がないと本物との見極めがつかずコピー品を購入してしまいます。最近では切手に関する詳しいノウハウはネットなどで調べることが可能です。しかし、中途半端な知識では購入でのトラブルに巻き込まれやすいです。なので、本物が欲しいならしっかりとした切手屋での購入が望ましいです。

サイト内検索
中国切手買取業者ランキング!
第2位 福ちゃん
第3位 金のアヒル
第5位 なんぼや
記事一覧