【人気の買取専門業者を徹底比較!】中国切手の買取査定をしたいならおすすめ!口コミでも評判の中国切手買取専門店をランキングでご紹介!

中国切手で人気のあるデザインは?


中国切手は、動物や花など、いろんなシリーズの切手があり、個性的なデザインの切手もあるため、眺めているだけでも楽しめます。

価値の高い切手もあるため、コレクションしている切手がある方は、高値で取引できるチャンスがあり、使用済み切手も買取できる可能性がある事に注目です。

 

パンダの可愛いデザインもあります

中国のイメージとして、日本でも親しまれている可愛いパンダをイメージする方も多く、日本の動物園でもパンダは人気があります。

切手の中にも、パンダが描かれているものもあり、有名な中国切手なので、希少価値は薄いですが、大パンダの種類が揃っていることで、高額な値段が付く可能性があります。

貴重な切手を1枚持っていることも、高価買取につながりますが、あまり珍しい物ではなくても、すべての種類が揃っていたり、状態が良ければ、高く売れる可能性がある事に注目です。

大パンダは、一次と二次の二つの期間に分けて発行されており、白地にパンダが描かれているシンプルなデザインが特徴の切手です。

この切手の発行日は、1963年と1973年であり、かわいいデザインなので、大切にコレクションしている方や飾って楽しむ方もいます。

 

最も有名な中国の切手に注目です

中国で最も有名な切手として、赤猿に注目する方も多く、年賀切手として中国で初めて発行されたとても記念に残る切手です。

単体でも数十万円程度で買取される可能性があり、中国人の観光客など、日本で赤猿の切手が販売されている時に、購入したいと考える方はたくさんいます。

とても価値の高い切手なので、投資目的で集める方も多く、大切に保管している方で、保管状態が良かったり、シートで持っている方の場合、さらに価値が高くなります。

赤地に猿が描かれており、とてもインパクトがある切手となっており、もし家の中を片付けている時に、赤猿の切手を見つけた時は、驚きを感じる方も多く、しばらく眺めていても飽きないデザインです。

 

金魚シリーズも人気がある切手です

中国切手の中で、愛らしい見た目で人気のある金魚シリーズは、1960年に発行された12種完の切手で、とても愛らしい金魚の絵が特徴的です。

12種類すべてをコレクションした方も多く、かわいい金魚の絵を見て、癒しを感じる事ができる方もたくさんいます。

バラ切手でも、12種類が揃っていれば、買取店で査定をする際に、査定金額がアップするチャンスがあるので、種類をすべて揃える事が高価買取のコツです。

単体でも売る事ができますが、すべて揃っていない状態だと、買取金額が下がってしまう可能性があるため、改めて家の中を整理して、すべての種類が揃っていないかを調べる事をおすすめします。

買取時の注意点として、高値で取引される切手の場合、使用済みであっても、買い取ってもらえる可能性があるため、処分するのではなく、専門知識を持つスタッフに査定の依頼をする事は大事です。

菊シリーズも、高値で取引される切手の一つであり、消印が付いた状態で

細部までこだわって描かれた美しい菊の絵柄で、18種で完品となっている切手であり、迫力のある絵柄の切手もあるため、眺めているだけでも、楽しめます。

 

可愛いらしいパンダの切手やスポーツや国の歴史など、いろんなことを記念した切手もあり、コレクションをして楽しむ方もいますし、買取前にどんな種類があるのかを調べて、基礎知識を身につける事も大事です。

買取金額に納得できるように、複数の買取業者の比較をする事も大切なポイントです。

まずはメールで複数社におおよその査定金額を教えてもらう事で、査定金額の違いを知り、相場の把握もできますし、最も高く売れる買取店を見つけてスムーズに取引を行えます。

サイト内検索
中国切手買取業者ランキング!
第2位 福ちゃん
第3位 金のアヒル
第5位 なんぼや
記事一覧